草刈りを行なう際は業者に作業を依頼しましょう

自分で草刈りをする際のリスク

草刈機が多く普及してきた現在では、一般家庭でも草刈機がよく活用されるようになってきました。しかしこうした設備は使い方を間違えたりしてしまうと、失明などの重症を負わせる危険性を持っています。草刈り機などを利用する際はまず設備の取り扱い方を学ぶために、ここで草刈機に関する情報をチェックしておきましょう。

草刈り作業を行なう際の注意

草刈機を利用して店舗周辺を手入れしようと考えているのですが、作業を行なう際の注意点を教えてください。
草刈機についているネジや刈刃が緩んでいると、作業中に刃が飛んでいってしまう恐れがあるので作業前は必ず設備をチェックしましょう。また作業を行なう際は保護具や作業着を装着し、きちんと身の安全を守る必要があります。
作業中はどういった点に気を付ければいいのでしょうか?また目に何かが入った場合はどう対処するのが適切ですか?
草刈機を使用する際は説明書をよく読んでおき、周囲に人がいないことを確認しながら作業を進めていくことがとても大切です。もし万が一目に何かが入ってしまった場合はこすらないように注意し、すぐに眼科で診察を受けるようにしましょう。

安心して自営業を続けたい~業者へ草刈りを依頼~

なるべく怪我などをせずにしっかりと草刈り作業を完了させておきたい場合は、業者に作業を任せるのが最適です。一部の業者は一般家庭からの依頼だけでなく、個人事業主からの依頼も受け付けています。こういった業者に草刈り作業を実施してもらえば、作業中に怪我をしたり草刈り作業に多くの時間や費やしたりすることはありません。また、費用も安価で済ませられるので結果的に経費の節約になります。

月別で見る雑草の成長具合

草刈り

雑草が一番育つ時期は、梅雨の6月~9月の時期。ただし、その時期でも微妙に成長具合が異なるのでその特徴を把握しておくことが大切です。

月別・雑草の成長

  • 6月:徐々に気温が上がり、暖かくなるため雑草の成長が促される。また、梅雨の時期は多く雨水を吸い伸びる。
  • 7月:夏は植物にとって成長する最高の時期で前年に蓄えた栄養分のせいで成長し、雨が降った翌日は特に伸びる。
  • 8月:7月に比べると草が伸びる速度は遅く、徐々に成長が遅くなる。
  • 9月:この時期は地域によっては残暑の影響がありますが、気温は下がっていき雑草の生育が遅くなる。

草刈りを行なうタイミング

草刈りを行なうタイミングは、専門家の意見では雨が降った日の翌日といわれています。雨水には、水だけでなく植物の成長に必要な窒素が含まれているのです。雑草を刈っても雨が降れば、すぐに成長するのでキリがありません。また、雑草が勢いよく成長するのは7月で、8月になると勢いが遅くなります。7月前半に草刈りをしても、8月にはまた多くの雑草が生えてくるのです。ですから、何度も草刈りを依頼しないで済むように、雨上がりや8月になってから業者に依頼しましょう。

TOPボタン