草刈りと除草剤ではどちらが効果的に雑草を処分できるのか

草刈りに使われる除草剤の種類

草刈りをすることで生い茂る雑草を刈り取ることができますが、その他にも除草剤を使用して予防をする方法もあります。

主な除草剤

土壌表面処理除草剤
雑草が生えてくる箇所に、前もって撒いておくタイプの除草剤です。地面に散布して、雑草が生えてこないような状態にします。ですから、除草よりも土の中に雑草が生えてこないように予防する効果のほうが高いです。雑草が生えている場合は、記載されている量よりも多く散布すれば除草することも可能です。この除草剤ならば、雑草予防ができ草刈りを行なう必要はなくなります。
パラコート系+ジクワット
農業で使用されている除草剤の中でも、効果が高いのがパラコート系の除草剤です。雑草に散布することで、次の日には枯らせます。効果が強いため、毒性が強いので危険な薬剤です。最近では、毒性を抑えるためにジクワットという成分と混合させて、安全に使用できるようにしました。安全性は増しましたが、危険な薬剤には変わりなく草刈り業者などの専門業者でしか扱えません。

除草剤にするか草刈りをするか

草刈り業者に依頼せずに、自分達で雑草処理を行なおうとする経営者も多いです。その際に、除草剤を散布して処理をする人もいます。除草剤を散布するだけで次のようなメリットがあります。

草刈りのメリット

  • 散布するだけで除草ができ時間はかからず、草刈りを行なう必要がない
  • 薬剤が地面に残っていれば、散布した箇所から雑草が生えてこないよう予防できる

などのメリットがあります。

除草剤を使用する際の注意

芝刈り機

ですが、除草剤は農薬の1種ですから扱いを間違えると様々な問題が起こる可能性が高いです。風で薬剤が飛んで、近隣の花や作物を枯らしてしまいます。また、薬剤を誤って吸い込んでしまい体調不良になる人も多いです。自営業をしている人は周囲やお客さんとのトラブルを避けるために、除草剤よりも草刈りで対処したほうがいいです。

TOPボタン