自分でできる草刈りの範囲と業者で安く作業を依頼する方法

店舗周辺の草刈りは自分でできる?

店舗の周辺に生えている木や雑草の伐採や草刈りをすると、一気に雰囲気が明るくなります。この作業を自分1人で行なうのは難しいことですが、鎌や草刈機などの道具を使用すればスムーズに作業を進めることが可能です。

自分で行なう草刈りのメリット

  • 作業内容を調整できる
  • 雑草の刈り取りが作業にかかる費用が安い
  • 草刈りのペースも自由
  • 作業範囲が狭ければ短時間で終わる

草刈りで役立つ便利な道具

鎌や鍬
電動やエンジンを利用した農機具を使用せずに草刈りを行ないたい場合は、鎌やスコップなどの道具を利用する必要があります。小さな庭などの場所で利用するのには適していますが、取り扱いに慣れていないと作業効率が悪化してしまう可能性が高いです。
電動草刈り機
一般的に個人で草刈り作業などを行なう際は、電動タイプもしくはエンジンタイプの草刈機を利用することが多いです。こうした設備を利用すれば、手間や時間をかけることなく作業を進めることができるため、広い範囲の草刈りを実施するのに適しています。

業者の閑散期を狙うのもあり

草刈りを行なう業者は、雑草が成長する夏の時期が繫忙期です。秋から冬にかけては、雑草はほとんど成長しないため閑散期といわれています。業者では、閑散期にお客さんを獲得するために、費用を安くしているのです。そのため、通常よりも安い費用で草刈りを依頼できます。

冬に草刈りを依頼するメリット

芝刈り

冬の時期に草刈りや草むしりをすることによって、暖かくなる時期に成長する雑草の量を減らせます。冬の時期には、蚊などの害虫も少なく作業を行ないやすくなります。

TOPボタン