草刈りを依頼した際の費用について~経費削減するには~

雑草処理は単価から費用が導き出される

自営業を営んでいる人は、店舗の周りをキレイにするために定期的な草刈りが必要です。広い店舗だと、草刈りだけでなく店舗に植物のツタが絡まることが多いです。作業を個人で行なうのは負担が大きいので、業者に依頼して処理してもらいましょう。ここで業者に依頼した際の費用について確認しましょう。

業者依頼時の費用目安

草刈り
機械を使用した草刈りは1㎡あたり300円で行なっていて、手作業の草むしりの場合は1㎡あたり1500円となっています。作業で刈った雑草は業者側が処分を行ない、45Lゴミ袋1袋で400円で処分を行なうのです。
ツタ取り
ツタ取りは1㎡あたり1,000円で受け付けていて、庭木や店舗に絡みついたツタの除去を行ないます。狭くて人が入り込めないスペースの場合は、依頼を受けられない可能性があるので注意してください。

草刈りの経費削減~保険と見積もりを活用~

自営業をしている人は、店舗の雑草処理にかかる費用を抑えようとします。そのためには、多くの業者で見積もりを依頼して、比較して費用の安い所を探しましょう。ただ安いだけでなく、店舗の見た目が良くなるように作業を行なう所を選ぶことが重要です。業者の中には、費用を安くするために作業が雑になる所があります。値段が安くちゃんと作業を行なう所を選んでください。また、草刈り後に防草処理を依頼する必要があります。防草処理をすれば、雑草が生えないようにし草刈りを依頼する回数を抑えられるのです。

火災保険の加入確認

弁護士

草刈りを依頼するだけでなく、万が一に備えて労災保険などに加入することが大事です。草刈りは刃を使う作業ですから、業者だけでなく周りにいる人や店舗の損壊などに繋がります。保険に加入しておけば、店舗の損壊や従業員やお客さんが怪我をした際の損害を最小限に抑えられます。他にも、税理士に税務署への認可対策の相談を、弁護士には問題が発生した際の損害を抑えるために相談をしておくことが大切です。

TOPボタン